中国輸入で稼ぐ方法は2つあります。

まずひとつ目が『あいのり出品』。
日本ですでに販売されている中国商品を輸入してきて、自分も販売する方法です。

もうひとつは『新規出品』です。
これは、まだ日本にはない商品を中国から輸入してきて販売していく方法です。
新規出品は難易度が高い販売方法ですが、慣れてくれば在庫補充していくだけで稼げる仕組みを作ることも出来ます

ぼくのコンサル生の中も在庫が減ってきたら、中国から在庫を補充していくだけで生活できている人もいます。

最終的にあなたにも『新規出品』でそういう生活を目指していただきたいわけですが、初めから新規出品はハードルが高すぎるので初心者の方は手っ取り早く結果が出る『あいのり出品』から始めるべきです。

そこであいのり出品するには、日本ですでに輸入販売されている中国商品を中国から探す必要があります。

探し方はいろいろあるのですが、一番オーソドックスなのは『キーワードリサーチ』と『画像検索リサーチ』です。ただ、キーワードリサーチは優秀なリサーチ方法なんですが、慣れが必要で初心者の方にとっては難しく感じると思います。一方、今回ご紹介する誰も教えない画像検索リサーチは小学生でも7秒もあれば同じ商品を探すことが出来ます。

 

 

画像検索リサーチ解説

 

今回は例としてこのノーブランド商品を中国から探してみたいと思います。尚、ノーブランド商品を探す理由は商標権が関わってくるためですが、これに関してはこちらの記事で詳しくまとめていますので是非ご一読ください。

⇒ 儲かる商品も公開!絶対に偽物を掴んで逮捕されない方法

 

 

この商品と同じものを画像検索リサーチで中国から探します。

 

画像検索リサーチの流れ

 

ステップ1:名前を付けて画像を保存

画像の上で右クリックして「名前を付けて画像を保存」してください。保存先のフォルダはデスクトップでもドキュメントでもダウンロードでもいいですが、後で使うので分かりやすい場所に保存しておきましょう。

 

ステップ2:アリババの検索窓のカメラのアイコンをクリック

 

まず商品の仕入れ先となるアリババを開きます。検索窓にカメラのアイコンがあるのでクリックしてください。それとアリババは仕入れのたびに良く開くサイトなので是非お気に入りに登録しておくことをおすすめします。

 

ステップ3:ノーブランド商品をアップロード

カメラのアイコンをクリックするとフィルだが開くので、先ほど保存した画像を選択し「開く」ボタンをクリックしましょう。

 

 

同じ商品が見つかりました。中国ではひとつ22元(約390円)で売っているようです。ちなみに計測しましたが、この商品を見つけるのにかかった時間はたったの7秒でした。タイトルの7秒はこの検証結果が根拠となっているわけです。初心者の方でも簡単にこの方法なら商品を探すことが出来るので、ぜひ実践してみてください。画像を保存するとPCの動作が重くなるのでは、と心配な方はUSBに画像を保存するか(ぼくはそうしてます)、画像を保存しなくても出来る「画像検索リサーチ」を試してみるといいでしょう。

 

画像を保存せずに出来る『画像検索リサーチ』

 

グーグルクロームの場合

 

グーグルクロームでは、右クリックで画像検索が行えます。

 

クリックするとグーグル画像検索結果が表示されます。1ページ目で見つかることはほとんどないため、基本的には「次へ」と検索結果をどんどん開いて中国語のアリババ(阿里巴巴)やタオバオのページを探していきます。(下の図では検索結果8ページ目で同じ商品を見つけることが出来ました)。

 

 

グーグルクロームがない場合

 

もしあなたがお使いのブラウザがグーグルクロームではない場合は、通常Google画像検索サイトに画像をドラッグ&ドロップして使います。

 

まとめ

 

今回は日中で同じ商品を探すための画像検索リサーチを解説しました。画像検索リサーチはキーワードリサーチと違って、初心者の方にでも優しく簡単にできます。ぜひ実践してみて稼げる商品をたくさん見つけていただければと思います。